赤茂伝に関してQ&A

Q1 飲み始めてどのくらいで効果が判るのでしょうか?

 A 効果の現れ方は、各人各様で違います。状態の深さによって相違がございます。
   飲み始めて7日も経たないうちに効果があった、と喜ばれる方もあれば
   2ヶ月しても効果が出ずに、4ヶ月目に初めて出たという遅いケースもあります。

Q2 赤茂伝の効能効果に「頭痛、めまい、冷え症、産前産後」とありますが、最も効果があるのはなんでしょうか?

 A これまで長年の間で最も喜ばれているのが「頭痛の改善」ですね。
   特に近年、慢性の蓄積疲労やストレス社会で、頭痛に悩まされているケースがとても多い
   です。特に女性の場合、生理前後の頭痛や重み、肩こり、気分の落ち込みや情緒の
   不安定が辛いです。こうした場合の症状緩和に赤茂伝は効果があります。
    
   産前産後は、大事業を成し遂げた後で、妊婦さんが体をとても大事にしないといけない時
   期です。こうした微妙な時期に赤茂伝を飲まれることをお薦めします。

Q3 赤茂伝はいつ飲むのが良いのですか?また量は?

 A 赤茂伝は漢方の散剤(粉薬)ですから、空腹時に飲むのが最も効果的です。
   1回に添付のサジに1杯、口に含んでお湯かお水で飲みこみます。ピリっと少し辛味があり
   ます。辛味が苦手の方はオブラートにくるんでも結構です。1日三回(3サジ)飲んで下さい。
    

Q4 赤茂伝は購入してからどこに置けば良いのですか?

 A 赤茂伝は湿度を嫌います。ですから冷蔵庫などは禁物です。海苔の缶とかお茶の缶に乾燥剤をいれて保存が良いです。特に湿気の多い梅雨時は。

Q5 赤茂伝は他の薬と一緒にのんではまずいですか?

 A 他薬併用は薬剤師にご相談ください。