薬用ニンジンと免疫  (近畿大学 薬学部の研究成果から一部)





薬用ニンジンは朝鮮半島や、中国で多く栽培される。日本では寒冷地の長野県、しかし、面積は少ない。
僕(川又)もかつて、薬用人参栽培を研究し、やってみようと思った。
県西に知る人ぞ知る薬用ニンジン栽培の大家がいた。
僕は訪ねた。ふつうは逢ってくれない。しかし、面会出来て、栽培の方向性がでた。
常陸太田は水戸よりも寒冷だから巧く行くかも知らぬ。
そう言ってくれた。
しかし、先生は半年後に亡くなった。
僕の計画も消えた。



免疫は強すぎても、弱すぎても良くない。
適度な塩梅が大事である。
薬用ニンジンには、免疫の調整に役立つと言われています。











薬用ニンジンの薬は免疫の調節や、病気の予防治療に、基礎的に役立ちます。

このコーナーは作成途中です。薬用ニンジンをお試の方、良かったことなど体験談をお知らせください。