江戸初期から開いています当薬局・薬舗、私の代になりまして、店舗存続の危機に瀕しています。
そうでなくても、大型店舗の激しい過当進出、ドラッグストアの林立など、既存の薬局薬店の維持継続はなかなか難しい時勢です。
そこへもってきて、私、薬舗の中心的経営者として肝心なる健康を失いました。
なんと、なんと、2019年秋から、難病の特発性間質性肺炎に罹ってしまいました。
実際はどうも、東日本大地震・大津波・福島原発事故あたりから罹っていたようなのですが、この病気、治療薬無きことを知ってるものとして、山歩き、肺活機能作戦で発病を阻止、2019年秋まで健常者でした。
しかし、遂にダウン、一時は絶望の淵に沈みました。

原因不明、肺の中核をなす三億個の肺胞が繊維化して硬化し、酸素の交換が機能しなくなる病気です。
病気を機に、廃業を考えましたが、退院後、考えを修正しました。

命ある限り、闘おう、病の苦しみ悩みを自ら体験してるからこそ、できる、薬店業務の神髄を探ろう、そんな気持ちでいます。
出来る出来ないはともかく、日本一、障害者や弱い立場の方々に優しい店づくりに
邁進します。叱咤激励をお願いします。
また、健常者としては解らなかった難病身障者としての新たなる視点での生き方、死に方、ある意味で、新鮮感覚の楽しさを感じてもいます。見えないものが見えるって、考え方によっては、実に嬉しい運命の受け止め方ですね。
創業420年になります。
秋には何らかのイベントを思案中です。
M&Aとしても、頑張ります、応援よろしくお願いします。

                                  2021年新春 川又 愼(1:30)